...Annual Forecast ...
年間予測/2021-

2021年のユニバーサルイヤーはあなたにどう働きかけるのでしょうか?

 

「私の使命は、ただ生きながらえるのではなく、果敢に生きること、情熱と思いやりとユーモア、そしてわたしらしい個性をもって生きることよ。」

―マヤ・アンジェロウ

 

《2021(5) のそれぞれの数字が持つ意味》

「2」 – 平和とバランスを保つ

「0」 – 気づき、理解、魂の次なる次元へと到達できる限りない能力

「2」 – 世界的協調行動

「1」 – 健全なリーダーシップ、 探査、新しい方式や技術を呼び込む

「5」 –頭の回転の速さ、アイディアを試してみる、持続可能性へいますぐの大転換

 

ユニバーサルイヤー2021年の数字の合計(2+0+2+1=5)は「5」です。

気取がなく、予測不能、即行動で未来志向、事態を引き起こし、ブロックを取り除くエネルギーを持つ「5」。

この数字のエネルギーの影響で、次のようなことが2021年には起こる可能性があります。

 

・ワクチンと医療の進化・分配

・旅行や輸送の再開

・進歩の実現を助ける

・学校・レストラン、宗教施設、スポーツ、文化的団体での活動の安全性確保

・リサイクル活動

・公的・政治的活

・(突発的な変化として現れる)溜まったエネルギーの放出

・火山の噴火、地震、津波の可能性

・株式市場の急落

・武力紛争 

・高まる好奇心、冒険的取り組みの促進

・テクノロジーと科学の進歩

・低価格住宅やフードバンク、医療等の緊急救助策

・宇宙旅行の開発

・新しい機会と経験の円滑な促進

・産業、ロボット研究、サプライチェーン、製品開発

・テイクアウトサービス

 

2020年の後に続くのは?それは進歩にともなう「生みの苦しみ」といえるでしょう。

2020年(4)に起こったパンデミックによる世界的な行動制限のあとにはもう、まさかの展開はありません。

2021年(5)は正反対の「蘇り」のエネルギーをもたらします。

ある占星術家の友人は、現在の主要な天体の動きを、爆発的でダイナミックな天王星と、堅固で変化を好まない土星の綱引き状態であると読み解きます。

これは人間界にも同じことがいえます。個人レベルでは、もう感染予防のマスクなど放り捨て、自由な行動をしたいと望んでいます(天王星)。

一方で私たちは困難な状況をじっと耐えるよう求められ(土星)、ときには本能的にいわゆる節約とため込みを始めるのです。

占星学的に見ると、わたしたちひとりひとりの人生は、もっと大きな天体の運行に支配されているといえます。

ある時点が、ものごとの進化の前の崩壊のときとなるのです。

これはわたしたちひとりひとりの数秘の9年サイクルが、進歩の段階を次へと進めるきっかけとなっているのと似ています。

昨年のパンデミックは、様々な面において転換点となりました。

愛する人を亡くした悲しみから仕事を失った苦しみ至るまでの、大きな変化によって受けた痛手に、わたしたちは2021年、適切な措置を講じていくことになるでしょう。

成長には痛みが伴い、疑いや戸惑いが生じます―(最近の例でいうと、本物か偽りのニュースかへの執着)。

パンデミックは社会に潜む多くの脆弱性(あるいは欠如)をあばき、政治的抗議や政治活動よりも病気の蔓延のほうがずっと迫力に満ちていることを一瞬にして明らかにしました。

ウイルス感染は、人類がひとつの存在であり、もっとも深く初歩的なレベルでつながっていることを劇的に実証して見せたのです。

皮肉にも、2020年の2メートルものソーシャルディスタンスと医療用マスクの必要性は、わたしたちの新しいキャッチフレーズ「みんな一緒に乗り切ろう」になりました。

2020年にわたしたちが必死にもがき手にしてきた、順応・変革・回避策は2021年も引き続き有用です。

そしていまなお、公衆衛生、病院内看護、遠隔医療、小売市場、サプライチェーン、教育、レストラン、社会生活、スポーツ、エンターテインメント、その他あらゆる生活の面での進歩に追いつこうと、大急ぎで猛烈に働いている人たちがいるのです。

それでは、2021年は、あなたの人生をどう左右するのでしょう?

あなたのパーソナルイヤー(個人年)に加え、次のようなことが考えられます。

・利点と回復力―跳ね返す力

・楽観性

・新たな幕開けと突然の幸運

アクティブで心が広く、フレンドリーな数秘5のエネルギーで、あなたはきっと、昨年の良いとも困難ともいえる変化を基盤にしようと奮い立ち、本当に大切なことに力を注いでいくでしょう。

 

※あなたのパーソナルイヤーは、あなたが生まれた月に関係なく、1月1日から始まり12月31に終了します。